Gram Games: Android Vitals を使用して 1 つ星のレビューを 50% 削減

Zynga スタジオ傘下の Gram Games は、Google Play で人気ゲームをいくつか公開しており、最新作のマージドラゴン(Merge Dragons!)でも同様の成功を収められると期待していました。

同社が Play ストアで以前リリースしたゲームには、常にプレーヤーから好意的なレビューが寄せられていました。ところが、マージドラゴンはプレーヤーの期待に応えることができず、Gram Games はその原因を突き止める必要に迫られました。問題を特定するために、同社は Google Play Console の Android Vitals を利用することにしました。

Gram Games の取り組み

Gram Games がマージドラゴンに追加するコンテンツが増えるにつれて、パフォーマンス指標がますます重要になりました。同社が必要とする KPI(クラッシュ発生率や ANR 発生率など)が Android Vitals によって報告されることがわかったため、開発チームはダッシュボードを定期的にチェックしました。

その結果、マージドラゴンのリリース後のクラッシュ発生率が同社の他のゲームと比べて著しく高いことに気づきました。利用可能な指標をセグメント化し、異なる日付とデバイスでアプリをバージョン別に比較することができたため、チームはクラッシュを引き起こしていたバグを速やかに特定し、ゲームの安定性を高めてアップデートをリリースできました。

結果

Gram Games は、バグの修正以降、プレーヤーあたりのクラッシュ発生率が 65~70% 減少したと評価しています。また、1 つ星のレビューが約 50% 減少したと報告しています。

「Android Vitals のおかげで、パフォーマンスの最適化作業を重点的に行うべき箇所をピンポイントで突き止められました。OS のバージョン、アプリのバージョン、デバイスの種類によってプレーヤー データをさまざまに分割してセグメント化できたので、時間と労力を節約しつつ、ユーザー エクスペリエンスを大幅に改善できました。」マージドラゴンのプロダクト担当バイス プレジデントである Jeremy Stein 氏はそう述べています。

スタートガイド

アプリ デベロッパーとゲーム デベロッパーの皆様は、Android Vitals を使用してアプリのパフォーマンスと安定性を改善できます。今すぐお試しください。