「スマとも」はアプリの翻訳サービスでインストール数とユーザーのエンゲージメントを拡大

背景

スマともアプリは、ユーザーが近くにいる人を見つけることができるソーシャル アプリで、最初に日本語、中国語、英語でリリースされ、日本、香港、台湾ですぐに最も人気のあるアプリの 1 つになりました。

スマともチームの取り組み

スマともチームは、アプリを利用できる言語の数が限られていることで、スマともの世界展開が制限されていると認識していました。スマともチームは Google アナリティクスの詳細情報(DAU、ユーザーの増加数)を使って、新たに翻訳する国の候補をいくつか特定し、各市場の Android および iOS ユーザーの総数を調べ、追加する 13 言語のリストをまとめました。その後、Google Play Console でアプリの翻訳サービスを利用し、翻訳を完成させました。

結果

アラビア語版のスマとも

2013 年 8 月に新しい言語版のスマともをリリースしたところ、すぐにインストール率が 120% 向上しました。また、ポーランドやイタリアなどの国でトップ 10 アプリにランクインしました。

特にスペイン語版では、アマチュアが制作した以前の翻訳を、アプリの翻訳サービスを利用して制作したプロフェッショナル版に差し替えたことで、インストール率が着実に向上しています。

また、新しい言語版では収益が約 20 % 向上し、ユーザーのレビュー件数が約 50% 増加しました。

スマともチームのシニア デベロッパー、Yan Shi 氏は次のように述べています。「アプリの翻訳サービスは実に使いやすく、翻訳依頼の納期にも満足しています」

スタートガイド

アプリの翻訳サービスの詳細をご確認ください。また、世界中のユーザーを対象としてアプリやゲームをローカライズするプロセスを簡略化するのに役立つローカライズ チェックリストもお読みください。