Noom: Google Play でのローカライズ版のリリースにより、国外からの収益を 80% 増加

背景

Noom は、人々の健康な生活をサポートするという基本理念を掲げ、生活習慣を作るための行動変化プログラムをユーザーに提案し、全世界の健康に関する課題に取り組んでいます。Google Play で最初にリリースされた Noom は、Android のグローバルなリーチを利用して国際市場に参入したことで成功を収めました。

Noom の取り組み

最初に米国でリリースされた Noom では、ユーザーに固有の健康目標に合わせて調整された一連のプログラムを作成しました。Noom の取り組みで重視されているのは、パーソナライズされたシンプルなタスク、進捗状況のトラッキング、食事へのフィードバック、パーソナル コーチや仲間からのサポートなど、包括的なソリューションを提供することです。チームは、ユーザーベースを全世界に拡大するための戦略的アプローチを持っています。Noom はアプリをローカライズして、以下の部分でユーザーとのつながりを強化しました。

  • サービスのローカライズ
    • Noom は、アプリを 5 つの言語に、ストアの掲載情報ページを 11 の言語に翻訳したほか、各国際市場に合わせて調整された適切な財務モデルを決定するために詳細な分析を行いました。たとえば、定期購入、IAP、プレミアム アプリから最適なサービスを決定するための価格テストを実施したほか、競合状況や各地域の健康に関する消費行動の評価などを行いました。
  • 料理のローカライズ
    • Noom は、韓国、日本、ドイツ、ラテンアメリカ市場の調査を開始するやいなや、食品データベースをローカライズすることに集中的に取り組みました。地元の料理記事編集者、既存の食品データベース、ユーザーからの提案を組み合わせて活用することで、Noom のアプリには今では、郷土料理や人気の加工食品ブランドも掲載されており、シンプルかつ包括的なユーザー エクスペリエンスが実現されています。
  • コーチのローカライズ
    • 地元のコーチを採用したことで、言語の壁が取り除かれただけでなく、応答時間も短縮されました(コーチがユーザーと同じタイムゾーン内にいるため)。Noom はさまざまなタイプの通知を利用することで、ユーザー エンゲージメントを 3~4 倍向上しています。
ドイツの Play ストア掲載情報ページ、日本の食事プラン、韓国のレシピ

結果

「Android のグローバルなフォーカスと優れたローカライズ ツールのおかげで、グローバル展開に向けた意思決定を極めて容易に行うことができました。ローカライズによる新たな市場への参入は、Noom の着実な成長の推進力になりました。」Noom の共同創設者兼社長である Artem Petakov 氏はこのように述べています。

Noom では、過去 3 年間のローカライズに対する取り組みにより、Android の国外からの収益が 80% 増加しました。日本だけを見ると、同期間の収益が 480% 以上増加しました。チームは、将来の拡大の機会を見極めるために、Android の普及率が高い国や、英語版のサービスからのインストール数が大きく伸びている国に目を向けており、独自のローカライズ手法を応用してさらなる成功を達成しようとしています。

スタートガイド

通知の詳細な説明をご覧ください。また、アプリのローカライズ新規市場の開拓方法についてもご確認ください。