コンテンツに移動

よくアクセスするページ

最近アクセスしたページ

navigation
added in API level 14

android.service.textservice

Provides classes that allow you to create spell checkers in a manner similar to the input method framework (for IMEs).

To create a new spell checker, you must implement a service that extends SpellCheckerService and extend the SpellCheckerService.Session class to provide spelling suggestions based on text provided by the interface's callback methods. In the SpellCheckerService.Session callback methods, you must return the spelling suggestions as SuggestionsInfo objects.

Applications with a spell checker service must declare the BIND_TEXT_SERVICE permission as required by the service. The service must also declare an intent filter with <action android:name="android.service.textservice.SpellCheckerService" /> as the intent’s action and should include a <meta-data> element that declares configuration information for the spell checker. For example:

<service
    android:label="@string/app_name"
    android:name=".SampleSpellCheckerService"
    android:permission="android.permission.BIND_TEXT_SERVICE" >
    <intent-filter >
        <action android:name="android.service.textservice.SpellCheckerService" />
    </intent-filter>
    <meta-data
        android:name="android.view.textservice.scs"
        android:resource="@xml/spellchecker" />
</service>

For example code, see the sample Spell Checker service app, and the sample Spell Checker client app.

Classes

SpellCheckerService SpellCheckerService provides an abstract base class for a spell checker. 
SpellCheckerService.Session This abstract class should be overridden by a concrete implementation of a spell checker. 
このサイトでは、ユーザーが選択したサイトの言語と表示設定を保存する目的で Cookie を使用しています。

Android デベロッパー向けの最新情報やヒントを入手して、Google Play での成功を手に入れましょう。

* 必須

送信しました

WeChat で Google Developers をフォローする

このサイトをで表示しますか?

ページの表示言語としてを選択しましたが、このサイトの言語はに設定されています。

言語設定を変更してこのサイトをで表示しますか?言語設定を変更する場合は、各ページの下にある言語メニューを使用してください。

このクラスには、API レベル 以上が必要です。

API レベル が選択されているため、このドキュメントは非表示になっています。左のナビゲーションの上にあるセレクタを使って、ドキュメントの API レベルを変更できます。

アプリに必要な API レベルを指定する方法について、詳しくは異なるプラットフォーム バージョンのサポートをご覧ください。

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (April 2018 — Developer Survey)