Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Android 11 でのトーストに関する更新

Android 11 ではユーザーを保護するために、カスタム トーストビューのサポートを終了します。デベロッパーがこの変更への対応に時間をかけられるように、変更が反映されるのは、アプリが Android 11 をターゲットとする場合のみです。

バックグラウンドからのカスタム トーストのブロック

セキュリティ上の理由と、良好なユーザー エクスペリエンスを維持するため、Android 11 をターゲットとするアプリが、カスタムビューを含むトーストをバックグラウンドから送信するとブロックされます。テキスト トーストは引き続き使用できます。これは、Toast.makeText() 使って作成され、setView() を呼び出さないトーストのことです。

アプリがカスタムビューを含むトーストをバックグラウンドから送信しようとする場合、ユーザーにはメッセージは表示されません。代わりに、logcat に次のメッセージが記録されます。

W/NotificationService: Blocking custom toast from package \
  <package> due to package not in the foreground

トーストのコールバック

テキスト トーストまたはカスタム トーストが表示されたときの通知、または表示されなくなったときの通知を受けるには、新しい addCallback() メソッドを使用してください。

Text Toast API の変更

プラットフォームの動作が変更された結果、Android 11 をターゲットとするアプリでは、テキスト トーストに関して以下のような影響を受けます。