ニュースレター / 2016 年 12 月

 

新しくなった Google Play バッジ作成ツール

Google Play バッジ作成ツールを使って、新しくなった Google Play ロゴをご利用ください。バッジ作成ツールでは、ソースとキャンペーン用に UTM タグを使用できるようになりました。そのため、Google Play Developer Console のユーザー獲得パフォーマンス レポートでマーケティングの状況を把握しやすくなります。

 
 

機密情報に関わる権限をリクエストするアプリについてのお知らせ

機密情報に関わる権限(マイク、カメラ、アカウント、連絡先、スマートフォンなど)をリクエストするアプリでは、アプリ内と Google Play Developer Console に有効なプライバシー ポリシーへのリンクを記載する必要があります。

 
 
 

Android 7.1.1 がリリースされました

Android 7.1.1 では、バグの修正や機能の追加など、複数の仕様が改良されています。アプリ ショートカット、丸型アイコン リソース、イメージ キーボードのサポートなどの新しいデベロッパー機能をご利用いただけるようになり、ホーム画面で直接操作できるアプリを開発しやすくなりました。

 
 
 

Google Play の定期購入での成功事例

  Memrise が Android で行っている、コンバージョン増加を目的とした価格設定テストとその結果をご紹介します。価格設定テストについての記事を読む
 
  Google Play 請求サービスを利用している Le Monde では、他のプラットフォームと比べて Android の定期購入コンバージョン率が最も高いという結果が出ています。動画を見る
 
 
 
 

世界の成長市場における Google Play の成功事例

  成長市場としての中東・北アフリカ(MENA)の可能性がわかる、この地域で成功をおさめたデベロッパーの事例をご紹介します。MENA の可能性を知る
 
  Google Play で公開したゲームの持続的成長を推し進めている、中南米のゲーム デベロッパー 3 社の事例をご紹介します。中南米で実現する持続的成長
 
 
 
 

Play ストアの信頼性を維持するために

Google では、不正アプリやスパムアプリのインストールに対する対策強化の一環として、偽のレーティングやレビューを検出して排除する仕組みを向上させました。

 
 
 

Firebase の最新情報

Firebase の最新情報をご紹介します。


  Firebase 管理 SDK が更新されました。
 
  Firebase Test Lab では新たに、11 種類の Android 搭載端末モデルについて無料のテストとサポートの提供を開始します。
 
  Firebase Analytics: Data Studio や DebugView ベータ版と組み合わせることで、コンバージョン イベントをリアルタイムでアップロードできます。
 
  Firebase Unity プラグインと機能強化された C++ SDK を利用できます。
 
  Udacity で「Firebase in a Weekend」コースが公開されました。
 
  Firecast に、Firebase Analytics でのユーザーの活用方法、Firebase.js の読み込み時間の改善方法についての動画が新たに追加されました。
 
  #MeetFirebase: Firebase の開発に取り組むスタッフをご紹介します。
 
 
 

ホリデー シーズンにユニバーサル アプリ キャンペーンを活用して、優良ユーザーを増やしましょう

ホリデー シーズンのアプリ マーケティングを魅力ある効果的なものにしてくれる 3 つの新機能が追加されました。たとえば、ユニバーサル アプリ キャンペーンをご利用の広告主様専用に、Google Play で広告のプレースメントをご用意しています。

 
 

ハンドブック アプリのダウンロード

Google Play でのビジネスの成功に役立つ最新機能やおすすめの方法をぜひご覧ください。

 
 

今後ともよろしくお願いいたします。

Google Play チーム

 
   
 

このニュースレターはお役に立ちましたか?

  アイコン   アイコン   アイコン   アイコン   アイコン  
 

© 2016 Google LLC 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043, USA