Layout Inspector

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Layout Inspector では、コンポーザブルが再コンポーズまたはスキップされる頻度を確認できます。

再コンポーズ数を取得する

UI のパフォーマンスが低い場合、コーディング エラーが原因で UI が過度に再コンポーズされることがよくあります。一方、なんらかのコーディング エラーがあると、UI の再コンポーズが必要になったときに再コンポーズを行うことができず、UI の変更が画面に表示されません。再コンポーズをトラッキングすることで、この両方の問題を見つけることができます。

再コンポーズ自体が悪いわけではありませんが、予期しない再コンポーズは問題になる可能性があります。

詳しくは、Layout Inspector の再コンポーズ数のドキュメントをご覧ください。