アプリ内課金

アプリ内課金とは、自身のアプリ内でのデジタル コンテンツの販売を可能にする Google Play のサービスです。 このサービスを使用すると、メディア ファイルや写真などのダウンロード可能なコンテンツや、ゲームのレベルやポーション、プレミアム サービス、機能などの仮想コンテンツを含む幅広いコンテンツを販売できます。 アプリ内課金を使用すると次のような商品を販売できます。

  • 標準のアプリ内アイテム(一回限りの課金)
  • 定期購入(繰り返し自動課金)

アプリ内課金サービスを使ってアイテムを販売する際、アプリ内アイテムか定期購入かにかかわらず、Google Play ですべての詳細な精算処理が行われます。自身のアプリが金銭的なトランザクションを直接処理することはありません。 Google Play ではアプリの購入と同じ精算バックエンド サービスを使用しているため、ユーザーは使い慣れた統一感のあるフローで購入ができます。

Google Play で公開したアプリであればすべて、アプリ内課金を実装可能です。Google Play Developer Console のアカウントと、Google ウォレットの販売者アカウント以外の特別なアカウントや登録作業も不要です。

アプリ内課金機能を自身のアプリに統合するに際は、Android SDK で提供されているサンプルアプリで、アプリで標準的なアプリ内アイテムを販売し、定期購入登録を行う方法をご確認ください。

アプリ内課金の利用を開始するには、以下のドキュメントか、Selling In-app Products のレーニングクラスをご確認ください。

概要
アプリ内課金の基本的なコンセプトについて説明したドキュメントです。
Version 3 API
最新版のアプリ内課金の概要、実装に関する詳細情報、API リファレンスなどのドキュメントです。
セキュリティとデザイン
安全で最適なデザインのアプリ内課金を実装するためのベストプラクティスです。
アプリ内課金のテスト
アプリ内課金のテストツールの仕組みと、アプリ内課金の実装のテスト方法を説明しています。
アプリ内課金の管理
商品リストの設定、価格設定テンプレートの追加、テストアカウントの登録、返金処理の方法を説明しています。