アプリ デベロッパー向けのドキュメント

このセクションでは、Android ハンドセット、Wear OS by Google、Android TV、Android Auto、Android Things のどれを対象にアプリを構築している場合にも必要になるガイドと API リファレンスを提供します。

サンプル

Android アーキテクチャのブループリント

Android アプリ用のさまざまなアーキテクチャ ツールとパターンについて紹介するサンプル集です。

Universal Android Music Player のサンプル

このサンプルでは、複数のフォーム ファクタで動作し、Android スマートフォン、タブレット、Auto、Wear、Cast 端末上で一貫したユーザー エクスペリエンスを提供するオーディオ メディア アプリの実装方法を紹介しています。

Android Architecture Components のサンプル

Android Architecture Components のサンプル。

Android のテストのサンプル

テストを自動化するさまざまなフレームワークとテクニックを説明したサンプル集です。

Topeka for Android

楽しいクイズ形式で Android でのマテリアル デザインについて紹介します。

Android NDK のサンプル

Android Studio を使用した Android NDK のサンプル。

ライブラリ

Android Architecture Components

このライブラリはライフサイクル管理やデータの永続化などの必要不可欠なアプリ アーキテクチャ タスクのための API を提供しているため、ボイラープレート コードを減らしたモジュール式のアプリを記述できます。

Support Library

Android Support Library は、フレームワークに組み込まれていないものを含め、多数の機能の下位互換バージョンを提供します。

データ バインディング ライブラリ

データ バインディング ライブラリを使用すると、宣言的なレイアウトを記述できます。

Android Test

Android Test はアプリのテストコードを作成して実行するために役立ちます。

Play Billing ライブラリ

Google Play のアプリ内課金は、アプリ内課金リクエストの送信とアプリ内課金トランザクションの管理を Google Play で行うためのシンプルなインターフェースを提供します。

デベロッパー ツール

Android Emulator

Android Emulator を使えば、物理端末を使うよりも速くアプリをインストールし実行できます。さまざまな端末構成やハードウェア センサーがシミュレートされます。また、スナップショットを利用して、中止した時点から素早く再開することもできます。

ビルドの設定

Android Studio では高度なビルド ツールキットである Gradle を使用してビルドプロセスを自動化できると同時に、柔軟なカスタムビルド設定を定義できます。

UI レイアウトの作成

Android Studio に組み込まれているレイアウト エディタを使用すると、レイアウト XML を手動で記述する代わりに、要素を視覚的なデザイン エディタにドラッグすることでアプリ UI を作成し、プレビューすることができます。

アプリ パフォーマンスのプロファイリング

アプリのパフォーマンスが悪いと、ユーザー エクスペリエンスが損なわれ、アプリの評判が下がります。いつも応答が遅く、アニメーションが不自然で、フリーズやクラッシュを起こし、電力を大量に消費するアプリをユーザーが黙って見ているはずはありません。こうしたパフォーマンスの問題を避けるには、Android Profiler を使用してアプリのメモリ、CPU、ネットワーク使用量を測定します。

その他の学習資料

初心者から熟練者までの Android デベロッパー向け資料をご利用ください。

Android コードラボ

コードラボは自分のペースで学習できる短いチュートリアルです。特定の種類のアプリを作成する過程や、既存のアプリに新しい機能を追加する過程を順番に見ていくことができます。

オンライン ビデオコース

Google が Udacity と提携して Android 開発の学習資料をオンライン ビデオで提供します。いくつかの無料コースが用意されているほか、Nanodegree プログラムに登録することもできます。

トレーニング コース

Android アプリの作成方法を順を追って学習するためのオンライン トレーニングです。初心者向けのコースと熟練したデベロッパー向けのコースが用意されています。