Google Play でのビジネス拡大に役立つ無料のウェブセミナーにぜひご参加ください。今すぐ登録

リリース前レポート、Firebase の機能、Android Vitals を使用してアプリを改善する

  • リリース
  • テスト
  • 開発

アプリビジネスの成功は、高品質なアプリを配信できるかどうかにかかっています。この品質を実現するには、さまざまなデバイスでアプリをテストする必要があります。リリース前レポートでは、実際のデバイスで自動化されたテストを実施して、レイアウトの問題を特定したり、クラッシュの診断を行ったり、セキュリティ上の脆弱性を特定したりできます。さらに、Firebase Test Lab でカスタムテストを実施したり、Firebase Crashlytics でアプリのエラーの詳細を取得したり、Android Vitals を使用して品質上の問題がないかより深く調査したりできます。

解説

アプリのどこに問題があるかをリリース前に特定し、品質をできる限り高めてからユーザーにリリースできます。問題を迅速に修正できると、否定的なレビューを覆せる可能性もあります(特に、問題を解決したことをユーザーに知らせる場合)。新しいユーザーには改良したエクスペリエンスを提供できるため、評価やレビューの向上につながります。

機能

  • リリース前レポート: デフォルトのクローズド テスト版トラックにアップロードしたときに見つかったアプリの問題を要約します。これらのアプリは、Firebase Test Lab のさまざまなデバイスで、安定性、パフォーマンス、互換性、表示とユーザー補助の問題、セキュリティの脆弱性を自動的にテストします。

    問題が見つかった場合は、レポートにスタック トレースとスクリーンショット(該当する場合)またはクロールした画面の動画のリプレイなどを含む、問題の対処に役立つ詳細が表示されます。レポートで検出されたクラッシュが Android Vitals でも見つかった場合は、クラッシュの影響に関する情報を表示するリンクが作成され、クラッシュの修正を優先して対処できます。修正が必要なユーザー補助の問題を確認することもできます。

  • Firebase Test Lab を使用したカスタムテスト: アプリに対してテスト スクリプトを実行し、開発プロセス中の欠陥を捕捉します。
  • Firebase Crashlytics: アプリのエラーに関する詳細なレポートを入手できます。エラーは、スタック トレースの類似性に基づいて問題別にグループ化され、ユーザーに与える影響の深刻度に応じて格付けされています。自動レポートを受け取るだけでなく、カスタム イベントをログに記録して、クラッシュにつながる段階で捕捉することもできます。
  • Android Vitals には、アプリの安定性、電池、ジャンク、スタートアップ時間、権限の拒否に関するパフォーマンス指標が含まれます。このような指標を使用し、アプリの不正な動作を修正することで、優れたユーザー エクスペリエンスを維持できます。

運用ガイド

  • デフォルトのクローズド テスト版トラックとオープン テスト版トラックを使用してリリース前レポートを作成します。作成した追加のクローズド トラックでは、リリース前レポートは表示されません。
  • ビルドを比較して進捗状況を確認します。リリース前レポートの一部である [クラッシュ] タブには、前のビルドと比較したアプリの互換性を示すグラフが表示されます。レポートの各バーは、クローズド テスト版トラックまたはオープンテスト版トラックのアプリで最近テストしたビルドを表します。テスト中に、起動に成功および失敗した回数も一緒に表示されます。
  • さまざまなバージョン、特に最新バージョンの Android でアプリの動作を確認します。 リリース前レポートでは、アプリの [クラッシュ] タブの下半分ほどに、テストデバイスとデバイスの Android バージョンを示すレポートが表示されます。赤いアイコンは、アプリでテスト中に問題が発生したかどうかを表します。
  • レイアウトの問題を見つけます。各テストの概要にあるスクリーンショットから、さまざまな Android バージョン、言語、画面解像度のテスト端末で、アプリがどのように表示されるか確認できます。
  • アプリの別のバージョンをアップロードすることを検討します。テストでは、アプリがデバイスに対応している場合でも、結果に「対応していないデバイス」と表示される場合があります。アプリの別のバージョンをクローズド テスト版トラックまたはオープンテスト版トラックにアップロードして、アプリがすべてのデバイスで動作することを確認してください。
  • セキュリティの脆弱性を特定します。既知のセキュリティの脆弱性は報告されているので、ユーザーに対するアプリの安全性を高めるために措置を講じることができます。レポートでは、サードパーティ ライブラリの問題も調べています。APK で見つかったセキュリティの脆弱性の名前と説明は、各テストのリリース前レポートに含まれています。
  • サポートされていない(非 SDK)API の使用を特定します。Android 9(API レベル 28)以降、一般公開の Android SDK に含まれていないインターフェースの使用に制限が適用されています。リリース前レポートの [安定性] タブには、Android Vitals でアプリで検出した、サポートされていないプラットフォームのインターフェースが、重大度別に分類されて表示されます。すべてのインターフェースのスタック トレースが 1 つ以上表示されるので、API が呼び出される場所がすぐに見つかります。
  • 地域の要件を取り除きます。アプリに地域への依存関係があり、テストデバイスが基づいている地域ではこの依存関係が満たされない場合があります。この状況に当てはまる場合、特に、アプリに国に基づいたコンテンツ制限がある場合は、地域の要件を取り除いたアプリをクローズド テスト版トラックまたはオープンテスト版トラックに公開してください。
  • テストの対象にしたいデータを組み込みます。プリロード データを使用するアプリをテストしたい場合は、アプリにメディア ファイルを組み込んで、クローズドテスト版トラックまたはオープン テスト版トラックに公開してください。
  • Google Play ライセンス サービスを無効にします。アプリがまだ製品版トラックに達していない場合、テストデバイスでユーザーを正しく識別できるように、Google Play ライセンス サービスを無効にして、クローズド テスト版トラックにアプリを公開します。無効にしない場合、テストの結果が限定されます。
  • ログイン後の状態でテストを実施します。アプリにログイン画面がある場合、Android Vitals にテスト アカウントの認証情報を提供することを検討してください。これにより、テストを完全に実行することができるので、最も人気の高いデバイスでのアプリのパフォーマンスを詳細に把握できます。
  • デモループを作成して、ゲームの定義済み操作をテストします。デモループにより、リリース前レポートがゲームプレイのテストに関連付けられます。標準クローラは OpenGL に対応していません。OpenGL を使用して作成されたゲームの場合は、デモループを使ったバージョンのゲームクローズド テスト版トラックまたはオープンテスト版トラックに公開します。
  • テストを細かく制御して、主な機能のテストを確実に行います。Robo テスト スクリプトを設定し、特定の操作を実行します。Espresso テスト レコーダーを使用して Android Studio に操作を記録し、アプリのリリース前レポートの設定に読み込みます。その後、テストクローラがスクリプトを実行して、結果をレポートに書き込みます。
  • ディープリンクを特定します。アプリのディープリンクをリリース前レポートの設定に追加すると、テスト中にテストクローラによって実行されます。
  • テストの概要でユーザー補助のエラー、警告、軽微な問題を確認します。テスト中に発生したユーザー補助の問題が報告されます。レポートの [ユーザー補助機能] タブで、問題がアプリのどの部分で見つかったかを特定する画面クラスタを確認します。また、ユーザー補助検証ツールでユーザー補助の最適化案を特定する方法についてもご確認ください。