アプリの統計情報や通知を確認し、予想外の変化を発見する

  • リリース
  • 分析

Google Play には、インストール数、販売数、クラッシュ数、評価など、アプリに関する有益な指標と分析情報が表示されます。アプリの統計情報を定期的に確認することでパフォーマンスを把握できます。統計情報では、30 日間の移動平均を確認することで、トレンドをその他の推移から区別できます。また、アラートを確認することで、突然の変化を見つけることもできます(アラートはメールでも受け取れます)。 設定済みのレポートをダウンロードすることで、独自に分析を実施することもできます。

解説

アプリのパフォーマンスの変化は、良い傾向を示す場合も悪い傾向を示す場合もあります。たとえば、広告キャンペーンの成功や、クラッシュの頻発などが考えられます。アプリの統計情報とアラートを定期的に調べることで、変化を早めに見つけて、ユーザー エクスペリエンスやアプリの評価に悪影響を及ぼす前に問題を修正することができます。

手順

  1. Play Console でアプリの統計情報を表示するには、[すべてのアプリ] を開いて、表示するアプリを選択します。次に、[統計情報] または [ダッシュボード] を選択して、アプリのパフォーマンスを表示します。
  2. アラートを表示するには、Play Console でオレンジ色のアラート アイコンをクリックします。
  3. アラートをメールで受け取るには、[設定]、[メール設定] の順にクリックします。希望するアラートと送信方法を選択します。

おすすめの方法

  • ダッシュボードをカスタマイズして、アプリのパフォーマンス データをトラッキングします。各セクションのカードで、設定した期間ごとにアプリの最新のパフォーマンス データや主なインサイトを確認できます。ダッシュボードをカスタマイズしてセクションを展開したり折りたたんだりすることもできるので、必要な情報を簡単に確認できます。
  • アクティブなインストール デバイス数を追跡します。インストールしたユーザーを正確に把握できます。ユーザーのデバイスにアプリをインストールしてもらうという大きなハードルはすでに乗り越えています。この指標を使って、インストールしたユーザーの主な属性を理解してください。
  • ユーザーごとのパフォーマンスを調べます。統計情報の多くは、ユーザーが行った最初の操作を表しています。この情報から、ユーザーがアプリをどのようにインストールし、アンインストールしているか分析できます。同じユーザーが行ったそれ以降の操作はカウントされません。
  • デバイスごとのパフォーマンスを調べます。デバイスごとのインストール数がわかります。この指標から、アップグレードについても確認することができます。
  • アプリの品質を追跡します。クラッシュ数、評価、レビューはすべて、アプリの品質の指標となります。質の高いアプリを提供すれば、ユーザーは気に入って使い続けてくれます。
  • ビジネス レポートに合わせます。ビジネスのペースとレポートの周期に合わせて、毎週、毎月、四半期ごとの合計を使用します。