Google Maps API でアプリに位置情報を取り入れる

  • エンゲージメント
  • 開発

Android 向けの Google Maps API と Google Places API を使用すると、位置認識機能、情報満載の地図、付近の関連場所の検索機能などをアプリに追加できます。

解説

Android アプリに地図、建物の 3D 表示、構内図、ストリートビュー画像、衛星画像、カスタム マーカーを組み込んで、ユーザーが必要とする関連情報を表示できます。デバイスの位置の検出機能やオートコンプリート機能を実装し、非常に多数の場所の最新情報を追加することで、モバイル ユーザビリティを大幅に高めることができます。

主な機能

  • Google Maps Android API を使用すると、新しい位置情報機能を Android アプリに追加できます。
  • Android 向けの Google Places API は、Google マップと同じデータベースからデータを取得します。膨大な数の商業施設や有名なスポットに対応しており、この情報は頻繁に更新されます。

スタートガイド

Android 向け Google Maps API