Google Play の課金サービスを利用して定期購入を販売する

  • 収益
  • 開発

Google Play 請求サービスを利用すれば、ユーザーがコンテンツや機能に継続的にアクセスできるような定期購入を販売できます。

解説

Google Play の定期購入プラットフォームに用意されているツールや実用的なインテリジェンス機能を利用して、定期購入ビジネスを拡大できます。Google Play 請求サービスはすぐに簡単に設定でき、購入手続きの詳細が Google Play で処理されるので、アプリで支払い取引を処理する必要は一切ありません。カスタマイズ可能な定期購入方法と管理機能を利用すると、より多くのユーザーにアピールし、ユーザーを定着させることもできます。アプリでの購入手続きは、Google Play でのコンテンツ購入に使用されている手続きと同じものになるので、ユーザーは使い慣れた、信頼性の高い、安全な方法で購入できます。

主な機能

  • 柔軟性の高い請求回数: 週、月、四半期、半年、年を単位とする請求対象期間を設定できます。
  • 無料試用期間: 試用期間を指定することで定期購入前にユーザーにアプリを試してもらうことができます。
  • お試し価格: 一定の請求対象期間に適用するお試しの割引価格を指定できます。
  • 現地価格: 地域ごとに価格をカスタマイズし、現地通貨でユーザーに請求できます。
  • 価格変更: 価格変更を簡単に適用できます。
  • 猶予期間: 定期的なお支払いが不承認となった場合に定期購入者がお支払い方法を更新できる機会を設けることができます。
  • アカウントの一時停止機能: ユーザーが指定したお支払い方法で支払いができなかった場合、ユーザーが支払い情報を更新するまでコンテンツやサービスへのアクセスをブロックします。
  • アップグレードとダウングレード: ユーザーがプランを切り替える(たとえば、基本利用から有料の定期購入に切り替える)ことができる機能や、アクセス権を維持するために再登録できる機能を追加できます。さらに、プラン変更によって生じる差額を利用して新しい更新日を設定するか、更新日は変更せずに按分された金額をユーザーに請求するか、または価格変更を次の更新日に延期するかを選択できます。
  • Google Play Developer API: 各定期購入に関する詳細情報(有効期限、お支払いステータス、解約の理由など)を確認できます。
  • リアルタイム デベロッパー通知: 定期購入者の状態が変化するとすぐに通知が届きます。
  • 定期購入の再開: ユーザーが Play ストアから直接、定期購入を再開できます。
  • コンバージョン分析: 有料ユーザー数が最も多いチャネルを確認できます。
  • 請求レポートとダッシュボード: 提供している各定期購入層からの毎月の収益を測定し、定期購入者の定着期間をトラッキングできます。詳細オプションを使用すると、コホートを選択して分析できます。また、無料試用、アカウントの一時停止、猶予期間などの機能が、ユーザーの獲得や定着に効果的だったかどうかについても確認できます。