Google Play でのビジネス拡大に役立つ無料のウェブセミナーにぜひご参加ください。今すぐ登録

適切な収益化方法を利用して収益を高める

  • 収益

ユーザー層や地域に合わせて調整できる柔軟性の高い収益化戦略を利用して収益を高めることができます。

解説

収益を最大限に高めるには、アプリに適した複数の収益化モデルを検討します。ユーザー層に応じて、有料アプリ、アプリ内購入、定期購入、広告、e コマースの設定は異なります。

収益化方法:

  • アプリ内購入: Google Play 請求サービスを利用して、アイテムや追加機能を販売したり、広告を削除したりできます。現地価格への自動換算(現地の価格パターンに合わせて微調整したり、現地価格を自分で設定したりすることが可能)、価格設定テンプレート、プロモーション コード、耐久デジタル アイテムと消費デジタル アイテムの両方を販売する機能などを利用できます。
  • 定期購入: Google Play 請求サービスを利用して、定期的に料金を支払うユーザーにコンテンツやサービスへの継続的なアクセス権を提供できます。柔軟性の高い請求回数、無料試用期間、お試し価格や現地価格、支払いの猶予期間、アップグレードとダウングレード、価格変更、コンバージョン分析、請求レポートとダッシュボードなどの機能を使用できます。
  • 広告の掲載: Google AdMob の広告掲載から収益を得ることができます。アプリのデザインに広告を合わせることが可能なネイティブ広告などの機能を利用できます。
  • 特典アイテム: Google のテクノロジーと広告掲載の需要を利用して、動画リワードをユーザーに提供できます。Google Play でアプリ内購入に使用したのと同様の統合を利用し、アイテムは Play Console で管理します。
  • 有料アプリ: アプリの価格を設定できます。有料アプリでは、支払い後にダウンロードとインストールを行えるようになります。この場合、自動の現地価格設定(または手動による価格設定)、プロモーション コード、価格設定テンプレートも利用できます。
  • e コマース: Google Pay を利用してアプリから商品やサービスを販売できます。ユーザーは使い慣れた支払い方法と簡略化された購入手続きを利用でき、販売側は引き続き従来の決済機関を利用して支払い処理を行えます。

初めて収益化戦略を設定する場合のおすすめの方法:

  • 同じカテゴリに属する他のアプリを調査する。他のデベロッパーがアプリやコンテンツの請求をどのように行っているかを確認します。通常とは別の方法を利用したり、ユーザーに別の支払い方法を提供したりした場合にメリットがあるかどうかを検討します。
  • アプリの用途を判断する。アプリの使用パターンは最適な収益化方法を選ぶ際のヒントになります。カジュアル性が高いアプリほど、収益化には広告の配信やアプリ内購入が適している可能性が高くなります。なお、広告を削除するアプリ内購入の提供は常に検討することをおすすめします。
  • 自然な機能拡張を利用する。ゲームでレベルを追加するなど、拡張できるアプリの場合、基本アプリを無料で提供し、アプリ内購入や定期購入によって拡張機能を提供することを検討します。
  • 費用構造を検討する。コンテンツにかなりのコストが繰り返し発生する場合は、定期購入の使用を検討します。無料の試用期間を導入して取り込みを推進します。
  • ユーザー層を考慮する。一部のユーザー層では、広告の掲載、定期購入、アプリ内購入を使用する範囲が限られます。たとえば、気軽に使用するアプリより広告の掲載がない子供向けのアプリの方に料金を払う傾向が強いユーザーには、プレミアム(有料)アプリの方が適しています。
  • 価格を設定する場合は現地の要素を考慮する。特定の地域や国で、アプリ、アプリ内購入、定期購入の価格を設定する場合は、生活費の違い、現地の価格設定パターン、競合するアプリの価格設定などの各地域の要素を検討します。

収益化戦略を最適化する場合のおすすめの方法: