Play アプリ内課金を利用してデジタル アイテムを販売する

  • 収益
  • 開発

Google Play アプリ内課金を利用してアプリやゲーム内でアプリ内購入(IAP)を販売できます。

解説

Google Play アプリ内課金を利用してアイテムを販売する場合、ご購入手続きは Google Play で処理されるため、アプリで支払い取引を処理する必要は一切ありません。アプリでのご購入手続きは、Google Play でのコンテンツ購入に使用されている手続きと同じものであるため、ユーザーは使い慣れた、信頼性の高い、安全な方法で購入できます。

方法:

  1. デジタル商品として販売するコンテンツまたは機能を決定します。
  2. Google Play Console で Google ウォレット販売アカウントを設定します。
  3. Play Console でアプリ内アイテムを定義し、耐久アイテム(一度購入すれば、ユーザーが常に使用できるアイテム)か消費アイテム(限定された回数または期間のみ使用可能なアイテム)かを選択します。
  4. In-app Billing API をアプリに組み込みます。
  5. 機能のロックを解除する仕組み、またはコンテンツを配信する仕組みをアプリに追加します。

おすすめの方法:

  • アプリを無料ダウンロードとして提供(機能を限定するか、フル機能の期間を限定)した後、アプリ内購入を使って無制限の完全なアプリを利用できるようにします。
  • 追加機能やコンテンツの提供にはアプリ内購入を利用します。ゲームでは、新しいレベルや特別なアイテムなどを提供できます。
  • 定期購入を使用すれば、アップデートしたコンテンツや時間ベースのコンテンツをアプリから定期的に提供できます。