一般的な端末でアプリの動作をテストする

  • テスト
  • 開発
  • リリース
  • Firebase

Android が 10 億人以上のユーザーに愛されている理由の 1 つは、多彩な機種の中から自分に合ったデバイスを選ぶことができる点です。一方で、アプリをリリースする前に一般的なすべての機種でテストするのは困難です。アプリは十分にテストされているものほど、高い評価を得て大きな収益につながる傾向にあります。そこで Google では、包括的で利用しやすいテスト戦略を実装していただくための各種ツールを用意しています。

クローズド テスト版トラックまたはオープンテスト版トラックにアプリをアップロードすると、Google Play Console で Firebase Test Lab for Android を使用して、一般的なデバイスでアプリをテストできます。テストが終了すると、リリース前レポートで報告された問題の概要が示されます。また、Firebase Test Lab では、ユーザーの期待に応えるアプリを作成できるように、高度な設定が可能なテストや、追加機能、詳細なレポートなどを利用することも可能です。

解説

アプリやゲームが一般的なデバイスのほとんどで動作することを確認することで、リリース後に重大な問題が見つかってアプリの評価が下がるリスクを抑えることができます。また、テストを通じて、どのデバイスをリリースから除外すべきかを特定することもできます。

おすすめの方法

  • Play Console でリリース前レポートを有効にします。
  • リリース前レポートの診断機能を使用して、リリース前レポートで検出された問題を修正し、レイアウトの問題やセキュリティの脆弱性を特定します。
  • 実際の端末やエミュレータでアプリをテストし、最適化します。ユーザーが使用する端末は多様ですので、さまざまな組み合わせを幅広くテストすることが重要です。
  • テストする端末に優先順位を付けます。ユーザーが使用する可能性のあるすべての端末をテストする必要はありません。主要メーカーの端末を中心に、画面サイズ、プロセッサ、メモリが異なるものをテストします。
  • 現実的な使用環境でテストします。ネットワーク、場所、端末の向きなどを変えてテストしてみてください。
  • 効果的なテスト計画を作成します。アプリに不可欠なテスト手順を徹底的に検討し、新しいビルドを開発するたびにその手順に沿ってテストを行います。Firebase Test Lab for Android Robo テストを使用することもできます。この高性能クローラは、アプリ内を自動的に移動してクラッシュの報告やスクリーンショットの提供を行ってくれるため、ユーザーに発見される前にエラーを特定することができます。
  • 可能な限りテスト スクリプトを記述します。変更されることの少ない主要な機能や中核部分のスクリプト化を優先してください。
  • 実際の端末によるテストを、継続的な統合プロセスに取り入れます。アプリのクリティカル パスで問題が発生した場合は、そのビルドを停止するのが理想です。
  • テストから得られたデータを分析し、アプリの機能以外のことも確認します。安定性、ネットワークのパフォーマンス、クライアント側での遅延なども重要な要素です。

今すぐ開始

Firebase Test Lab