Firebase 向け Google アナリティクスを使用してデータに基づいた意思決定を行う

  • 開発
  • 分析
  • Firebase

Firebase 向け Google アナリティクスは、開発したアプリについて、ユーザーのアトリビューションやアプリ内アクティビティ(スクリーン ビュー、イベント、アプリ内購入、コンバージョンなど)を測定できる無料で無制限のレポート作成機能を備えています。

解説

ユーザーの詳細なレビューや、コミュニティとの良好なやりとりがあっても、ユーザーがアプリをどのように利用しているのかを把握することは困難です。たとえば、人気の機能や、まれにしか使用されない機能を知ることは、それほど簡単なことではありません。

Firebase 向け Google アナリティクスを使用し、基本機能に必要な調整を加えていくことで、アプリを利用するユーザーの動向を具体的にデータ化できます。さらに、このようなデータを他の Firebase 機能で利用し、データに基づいたアクションをトリガーすることもできます。たとえば、Firebase 向け Google アナリティクスの Firebase Crash Reporting では、クラッシュが発生したユーザーを把握できます。これに Firebase Notifications を組み合わせれば、対象ユーザーにプッシュ通知を送信し、分析を通じてユーザー エンゲージメントをトラッキングすることができます。

方法

  1. Firebase 向け Google アナリティクスを設定します。Firebase SDK をアプリに追加してください。データ収集は自動的に開始されます。
  2. カスタムデータを記録します。e コマースの購入や実績など、アプリにとって意味のあるイベントをログの対象にします。
  3. ユーザーリストを作成します。Firebase コンソールで、重要性の高いユーザーのカスタムリストを作成します。
  4. カスタム ユーザーリストを使用します。このリストを基に、Notifications や Remote Config といった Firebase の他のツールで、メッセージ、プロモーション、アプリの新機能などのターゲティングを行うことができます。
  5. Firebase Notifications に対応するイベントを記録します。各キャンペーンの効果に関するレポートを作成できるようになります。
  6. Firebase 向け Google アナリティクスのユーザー定義を使用して、ユーザー層ごとにアプリの動作や外観を変更します。その際、複数のバージョンを配布する必要はなく、Firebase Remote Config の設定だけで対応できます。
  7. 他の Firebase 機能と統合します。たとえば、Firebase Crash Reporting と統合すれば、バージョンごとや地域ごとにクラッシュの発生頻度を把握でき、どのようなユーザーが影響を受けているか詳しく分析できます。

おすすめの方法

  • アプリを公開する前に測定プランを立てましょう。公開後にアプリを分析し、すぐに調整ができるようになります。
  • 長期的に役立ちそうなデータだけをトラッキングしましょう。たとえば、ゲーム内で「ジャンプ」ボタンをトラッキングしても、意思決定に役立つデータは収集できない可能性があります。
  • エンゲージメント データ(イベントなど)と収益化データ(販売取引など)を組み合わせて、アプリがどのように利用されているかを総合的に把握しましょう