Daydream と Google Cardboard で体験できる臨場感あふれるバーチャル リアリティ コンテンツを開発する

  • 開発
  • ゲーム

Google VR SDK を利用すれば、Daydream 対応スマートフォン、Google Cardboard のどちらを使っているユーザーでも楽しんだり学んだりできるバーチャル リアリティ コンテンツを開発できます。

解説

Google VR SDK for Android、Google VR SDK for Unity、または Unreal Engine 4 を使用すると、バーチャル リアリティに対応したアプリやゲームの開発をすぐに始めることができます。また、既存のアプリをバーチャル リアリティ対応に作り替えることも可能です。このようなツールでは、リアルな感覚を楽しめる新しいコンテンツの開発に集中できるよう、バーチャル リアリティに共通の開発タスクが簡素化されています。

おすすめの方法

  • 従来の 2D 画面向けの設計をするのと、バーチャル リアリティの魅力的なユーザー エクスペリエンスを設計するのとでは、大きな違いがあります。そのため、Daydream アプリの品質に関する要件を遵守してアプリを開発する必要があります。
  • バーチャル リアリティによる「乗り物酔い」症状が起きないように対策をとりましょう。たとえば、頭の動きを継続的にトラッキングする、アプリ内でユーザーが自分の動きをコントロールできるようにする、動きの速度を一定に維持する、可能な場合はユーザーが椅子や操縦席などに座った状態で利用できるようにする、明るさを突然変えないようにする、などです。
  • バーチャル リアリティに慣れていないユーザーでも簡単に操作できるようにしましょう。たとえば、ヘッドセット アイコンで操作を開始し、戻るボタンやホームボタンで終了できるようにする、ヒューズボタンを用意する、音声による説明や触覚フィードバックを提供する、ターゲットを目で追いやすくするための十字線を表示する、などの方法があります。